酢洗いの特徴とその目的

酢洗いとエッチングは、金属加工の工程の一つです。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。
まず酢洗いは、熱処理をした金属に出てくる酸化物を取り除く処理方法のことを指します。熱処理をすると錆がでてくるので、酢洗いでこれを取り除きます。
「酢洗い」という名前ですが、使用されるものは硫酸や塩酸といった強力な化学物質です。酸で金属を洗浄し、きれいな見た目に加工します。

エッチングの特徴とその目的

エッチングとは、酸で表面を腐食させて表面を削り、金属の表面を加工する方法です。酢洗いとは異なり、錆などの汚れを取り除くのではなく、表面を削るのが目的となります。
使用するのは酸を含む化学薬品で、酸の腐食作用を活用した技術です。まず、加工させたい金属の表面に防食層を作り、金属を加工したい形に防食層を取り除いたらその部分に化学薬品を流し込み、表面を削っていきます。酸の腐食作用を利用した金属の加工方法で、様々な金属デザインに使用されています。身近なものでは硬貨がエッチングに当てはまります。

酢洗いとエッチングの違いは?

酢洗いとエッチングの最も大きな違いは、酢洗いが錆などの汚れを取り除く処理である一方、エッチングは酸を利用したデザイン技法の一つであるという点です。工程としては、酢洗いで金属の錆や研磨作業を行い、その後にエッチングで加工を行う、という流れになります。加工をスムーズに行うのが酢洗いで、加工技法の一つがエッチングです。
ただし、いずれも強力な酸や化学薬品などを利用するので、使用する上では取り扱いに十分な注意が必要です。

酸洗いは金属を洗う手法としては現在では主流となっています。この手法を用いることで綺麗な塗装などがしやすくなります。