製図の書き方の基本的な考え方

図面を手書きする際は、線の種類や線の太さ、寸法線の種類や書き方などといった製図の基礎を学習するだけでもかなり大変です。でもCADが普及している今は、CADに線種指定や寸法線の表示機能が付いていますので、簡単に製図ができます。

CADとはこんなものです

CADは、コンピュータ支援設計とも言われていて、コンピュータを用いて設計をすることや、コンピュータによる設計支援ツールのことを言います。CADシステムは、人間の手作業で行われていた設計の作業をコンピュータで支援したものです。

CAD導入の利点がこんなにあります

CAD導入の利点は図面作成の効率化です。さらに、導入することによって、CADデータをみんなで共有できることがあげられます。手作業の図面は1つしかないので、コピーしたり複数のチームで共有するのは困難ですが、CAD導入することによって既存のデータを使って図面作成を行うこともできるようになります。クライアントへの提出も可能になります。
完成している図面を修正したり、編集したりする作業も簡単に行えるようになります。手作業の図面では、修正の際に、消す作業だけでもかなり手間がかかりますが、CADなら修正や編集も短期間で完成します。また、データをストックし、再利用することで、同様の図面なら初めから書き直す必要がなくなり効率が上がります。
さらに、チェックが容易になることから、ミスを軽減することができるようになるというのも大きな利点があります。人間が行う作業にはミスが付きものですが、CADを導入することで、計算が省力できたり、寸法が正確に自動記入できるようになり、修正の手間が少なくなります。

近年の電気CADは、回路図入力後に電気信号の波形をシミュレーションすることが可能です。そのため、完成後の電子回路も確実に動作させることが可能です。