キッチンなら蛍光灯よりLEDの照明がいい

冬から春になってくると、少しずつ気温が高くなります。気分も良くなってきますが、それと同時に少し気になる現象も起きてきます。それは虫などの活動が活発になる現象です。可愛い昆虫などなら良いですが、害虫に分類される虫などが家の中に入ってくると、あまり気持ちよく生活はできません。特にキッチンやダイニングなど食べ物に関するスペースは虫を寄せ付けないような工夫が必要です。これまでの照明といえば電球や蛍光灯を用いたものが多かったですが、これらは虫を寄せ付けやすくなっています。そこでLEDを利用した照明に変更してみましょう。LEDは虫を寄せ付ける光を出さないので、、蛍光灯等に比べると虫が寄ってきません。気分よく食事などができるようになります。

浴室やトイレをすぐに明るくできるLED照明

古くからある電気の照明として電球があります。電源を入れるとすぐに点いてくれるので、トイレなどに使う家庭も多いかもしれません。ただ電球はその物は安価ですが、消費電力がかかりやすくて寿命があまり長くありません。電気代がかかる上に頻繁に交換をしないといけません。電気代を減らすなら蛍光灯を使う方法もありますが、蛍光灯は電源を入れてから点くまでに多少時間がかかるときがあります。トイレや浴室で真っ暗な状態で待つのは少し辛いでしょう。そこでLEDによる照明器具の利用を考えましょう。こちらは電球と同じで電源を入れるとすぐに点いてくれます。電気代は蛍光灯よりもかかりにくいですし寿命も長くなっています。交換の頻度が少なくて済みます。

LEDライトパネルは消費電力が少ないので、バッテリー駆動している場合に、長時間使い続けることができます。