最初に大きな電子部品を配置してみよう

CADを使えば簡単に回路図を作図できます。CADには移動が自在にできることや回路に必要な電子部品の記号を予め登録しておけば、その都度シンボルを書かずに済むなどのメリットがあるからです。手書きの場合は回路が収まり切らなくなった時にはスペースを確保するために、せっかく書いた回路の一部を消してつめる作業が必要ですが、CADであれば移動するオブジェクトを選択して移動を繰り返せば良いので時間短縮にも繋がります。電子部品の記号も手書きの場合は1つずつ書かなければなりませんが、CADではシンボル登録機能があるので、1度登録しておけばその都度必要な記号を呼び出すだけで良いわけです。尚、回路図を書く時には最初に大きな電子部品の記号を配置し、結線を行うのがコツです。

大きな部品から小さな部品を配置するのがコツ

CPUや端子の数が多いICを最初に図枠の中に配置し、徐々にサイズが小さな部品を書いていくのがCADを利用した作図のコツです。すべての回路を1枚の図面の中に収めなければなりませんので密度が高い回路などの場合は、線間をつめる形で書けば、後からつめずに作図ができます。但し、線間はあまりつめ過ぎてしまうと回路を追いかけ難くしてしまうので、原寸大にした時には3ミリ間隔を目安にしておくと良いでしょう。CADの作図を行う時のポイントの一つに書き忘れがあります。後でチェックした所、トランジスタ回路が入っていないことが分かり、無理やり押し込むなども多いかと思われますが、CADで作図をしながら記載した部品にチェックマークを入れておけば書き忘れを防止することができるのでお勧めです。

水道CADは、上下道工事に関わる申請書類をパソコンを用いて設計する事により、作業効率を高められるというメリットがあります。